辛い食べ物で、美肌になる韓国人とニキビができる日本人

今日は、

 

「辛い食べ物を食べて

 美肌になる韓国人と

 ニキビが出来る日本人」

 

ということについて、

詳しく お話ししていきます。

 

あなたは、

 

「辛い食べものが自分のお肌に及ぼす影響」

 

について、

考えたことはありますか?

 

「辛いものが大好きだ!」

という人ならばまだしも、

 

f:id:ballbasketyonn:20170625092945j:plain

 

「辛いものは苦手だ!」

という人は考えたこともなかったかもしれませんね。

 

そもそも

 

辛い食べ物がお肌悪影響を与える

可能性はあるのか?

 

結論から言うと、

辛い食べ物がお肌に悪影響を

与える可能性はあります。

 

辛い物を食べることで、

胃腸に負担がかかり

腸内環境が悪化し、 ニキビが出来やすくなります。

 

また、

 

辛い食べ物をたくさん摂取することで、

常に胃腸に負担がかかり、

体調不良を引き起こします。

 

それによって、

 

その体調不良のストレスは、

肌の防御機能も低下させます。

 

 

肌の防御機能が低下すると、石けんや洗顔フォーム、

化粧品などの刺激物の影響を受けやすくなり、

結果的にニキビが出来てしまうのです。

 

 

 このように、

辛い食べ物を食べることによって

連鎖的に肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

 

「なるほど!」

 

「でも、、、。

韓国の人ってキムチとか辛い物を

良く食べているけれど、お肌凄くきれいなのはなんで?」

 

f:id:ballbasketyonn:20170625092940j:plain

 

て思う方も、

いるかもしれません。

 

なぜ日本人は、

辛い物を食べてニキビが出来やすいのに

韓国の人は美肌でいることが出来るのか?

 

 

それは、

「体質」や、「慣れ」の違い

です。

 

 

辛いものを食べるとニキビが出来てしまうという人は  、

辛さの刺激や一時的に血行が良くなりすぎることで

ニキビが悪化してしまう人はたしかにいます。

 

その一方で、

 

辛いモノを食べ慣れている人などはなんともないこともあります。  

辛いモノがニキビに繋がるかどうかは、

かなり個人差の大きい部分です。

 

韓国の人に比べ、辛い食べ物を

日頃から食べていない日本人なんかは、

 

 お肌には直接辛い食べ物の影響がない場合でも

辛いものが胃腸を刺激しやすくなってしまい、

 

腸内環境を悪くして便秘や下痢などになりやすく、

全身の代謝機能が下がってしまい、

ニキビの原因になるケースもあります。

 

 

f:id:ballbasketyonn:20170625093302j:plain

 

食物は長い年月を掛けてその地の食材に慣れないと、

どうしても何らかの影響を受けやすくなると言われています。    

 

日本には辛いものを食べる習慣がなかったので

辛いものを食べると胃腸が疲れやすい人が多いです。  

 

 

でも、

 

 

もちろん体質もありますから、

辛いものを食べてもニキビができにくい人もいます。

 

お酒が強い人と弱い人がいるように、

肝臓の強さは人によってそれぞれです。  

 

 

従って、

 

 

日頃から辛い物をそんなに食べないという人や

辛いものが少し苦手という人は、

できるだけ避けておくのが無難です。

 

 

しかし、

 

 

辛い物を食べたからと言ってすぐに

ニキビなどの肌荒れが出るとも限りません。

 

その理由は、

激辛や辛い物の食べ過ぎはニキビの原因になりますが、

適度な辛さのものはさほど影響はないからです。

 

 

なので、

 

 

適度な辛さ、美味しいと感じる辛さのものを

たまに食べるくらいなら大丈夫ですのでご安心ください。

 

ここまでは、

辛い食べ物に対するマイナスイメージを

話してきましたが、

 

「辛い食べ物が美肌に効果的」

 

ということについても

少しお話ししますね。

 

 

例えば、

 

 

韓国人はキムチなどの辛いものを食べるのに、

肌がきれいな人が多いと言う実態があります。  

 

先ほども言ったように、

 

韓国では昔からずっとキムチを家庭で作って

食べるという習慣があるので、

胃腸が慣れてしまっているのでニキビができることはありません。  

 

f:id:ballbasketyonn:20170625092922j:plain

それどころか、

お肌は物凄くきれいな人が多いですね!

 

その理由としては、

韓国人の常食であるキムチが挙げられます。

 

キムチは、

 

 

①1グラムに含まれる乳酸菌量は1億から数億に達する

 と言われ、ヨーグルトに匹敵する量が入っています。

 

f:id:ballbasketyonn:20170625092932j:plain

 

②腸内には善玉菌働いているが、

 キムチの善玉菌が加わることで胃腸は活性化される。

 

 

これらの作用によって、

 

 

腸内環境を整えるだけでなく便秘も解消され、

老廃物を体外に出しやすくなるので

肌も必然的に綺麗になります。

 

 

しかし、

先ほどお話しした通り

 

「体質」や、「慣れ」

 

によって、

気を付けなければいけません。

 

「キムチがお肌にいいんだな!」

 

と、

 

辛い物を食べ慣れていない人や

体質的に合わない人がバクバク食べてしまうと

ニキビが出来てしまうか可能性もあるので。

 

 

まずは、

 

 

3日間くらい食べてみて

辛いものを立て続けに食べていたら、

 

お腹の調子が悪い、ニキビができた、

という人は控えたほうが良いです。

 

食べてみて、

お腹の調子がいい、肌荒れを起こさない

という人は食べても大丈夫ですね。

 

 

*あくまでも

頻繁に食べる時の目安ですので、

 

時々食べるくらいは

気にしなくて大丈夫です。

 

 

実際に私もすごく辛いものを食べた時に

にニキビが大量発生した経験があります。

 

以前辛ラーメンという

凄く辛いラーメンを食べていたのですが、

翌日に口周りにニキビがたくさんできてしまいました。

 

このように、

辛い物を食べた翌日に

 

・ニキビが出来ている

・肌の調子が悪いな

 

と感じている人は辛いものが

お肌に合っていない

体質ではないかと思っています。

 

なので、

 

そのような体質の人は、

 

①辛いものは適度に

②辛い物を1度にたくさん食べない

③激辛のものは避ける

 

ということを意識しましょう。