チョコレートって、本当にニキビの原因なの!?

あなたは、

チョコレートを食べるとニキビができると

聞いたことはありますか?

 

「聞いたことはあるけれど、、、」

「本当かどうかわからないよ!」

 

という人もいるかもしれません。

 

 

甘くて美味しいチョコレートに

ニキビの原因があるとしたら

心からおいしくいただけませんよね?

 

f:id:ballbasketyonn:20170702025534j:plain

 

なので、

 

今回は、

「チョコレートはニキビの原因になるのか」

について詳しくお話ししていきます。

 

そもそも、

 

あなたはチョコレートに対して

どのようなイメージを持っていますか?

 

「甘くておいしい」

「太る原因」

「ニキビができやすくなる」

 

など、

様々だと思います。

 

 

結論から言いますと、

科学的には、

 

『チョコレートを食べることで、

ニキビの原因になるという事はない』

 

とされています。

 

f:id:ballbasketyonn:20170702025528j:plain

 

例えば、

チョコレートとお肌の関係を調べる為に

行った海外で行われた実験があります。

 

①30人の思春期を迎えた男女に

チョコレートを食べさせました。

 

*効果を検証するために実験では、

市販のチョコレートよりも10倍以上の

濃さのチョコレートを使用しています。

 

②約2か月間このチョコレートを

毎日、被験者には食べてもらいました。

 

 

この実験後、

最後に皮膚科の専門医が、

被験者の顔のニキビについて調べました。

 

 

その結果は、、

 

 

実験前と実験後で顔の様子を比較したところ、

いずれの人に対しても

ニキビの状態に変化はありませんでした。

 

また、

 

ニキビの原因の1つには

「皮脂の過剰分泌」

がありますが、

 

被験者の額に生じた

皮脂の分泌量を調べた結果、

 

3人は皮脂の分泌量が増えましたが、

残りの2人の皮脂の分泌量は低下しており、

 

他の被験者に限っては、

ほとんど変化が見られなかったそうです。

 

この実験では、

「チョコレートはニキビの原因にならない」

ということが証明されました。

 

さらに、

 

日本チョコレート・ココア協会という

チョコレートの関連団体があるんですが、

 

「チョコレートとニキビの因果関係はない」

 

と、

サイトに同じ事が書かれています。

 

f:id:ballbasketyonn:20170702025853p:plain

 

ここまで

この話を読んできて、

 

「なるほど!チョコレートを食べてもニキビは出来ないんだな。」

「明日から、チョコレートを気兼ねなく食べられる」

 

と思った人は、要注意です。

 

 

なぜならば、

 

 

先ほどの実験は

海外の実験ですし、カカオや砂糖のの含有量などは

全く書いてありませんでしたので、

 

私たちが日ごろ食べているチョコレート

とは違っている可能性がありますし。

 

 

何よりも、

 

 

チョコレートを食べることで、

ニキビが出来てしまう人も

いることは紛れもない事実だからです。

 

では、

なぜチョコレートが

ニキビの原因になりうるのか?

 

それは、

 

チョコレートには

糖質や脂質が多く含まれているからです。

 

 

 

【糖質について】

 

チョコレートの原材料には

カカオが主となっています。

 

f:id:ballbasketyonn:20170702025523j:plain

 

カカオは元々、甘味は全くなく

苦味をもっています。

 

そのままではとても苦いので、

美味しくするために砂糖を大量に加え、

私たちが食べ慣れているチョコレートが出来るのです。

 

砂糖の取りすぎは

血糖値を急上昇させ炎症を起こしやすくなり、

ニキビの原因になります。

 

 

 

次に、

 

 

 

【脂質について】

 

チョコレートの半分は

脂質で出来ています。

 

f:id:ballbasketyonn:20170702025511j:plain

 

実際にスーパーに行った時などには

是非、確認してほしいのですが、

 

例えば、

 

大人気のチョコレート「DARS」の

裏面成分表示を見てみますと、、、。

 

1粒3.5gのチョコ中には

1.5gの脂質が含まれています。

 

これを1箱食べるとすると、

18gの脂質を摂取してしまいます。

 

1日の必要な脂質量は約45gなので、

1箱チョコレートを食べるだけで、

一日の3分の1以上の脂質を摂取してしまうことになります。

 

もちろん、

これに加えて朝、昼、晩食事をしますから、

あっという間に脂質の過剰摂取になってしまいます。

 

過剰な皮脂は、

毛穴を詰まらせニキビの原因になることは

もはや言うまでもありません。

 

 

 

では、

どのようにして、チョコレートを選べばいいのか?

 

 

 

 

【ニキビを作らせないチョコレートの選び方】

 

 

チョコレートには砂糖や脂質以外にも、

ポリフェノールが含まれており、

抗酸化効果も認められています。

 

さらに、

 

テオプロミンという物質も含まれており、

リラックス効果もあり、

にきびには効果的な面も持ち合わせています。

 

 

なので、

 

 

糖分や脂肪の少なく

カカオの配合が高いものを選ぶようにしましょう。

 

また、

 

血糖値を上げない為にも、

一気に何粒も食べるのではなく、

少量を何回かに分けて食べるようにしましょう。

 

 

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

私が7年間悩みつづけたニキビを

たった3ヶ月で治した方法について知りたい方は、

こちらも合わせて見てみてください↓↓  

http://chggfgg.blogspot.jp/